医師が自身の転職を成功させるには、どれだけの量の求人情報を収集できるかが鍵になります。
そして求人数と同じくらい、求人情報の質も問われます。

もし目の前に膨大な量の求人情報があれば、納得できる転職先探しはそう難しくなさそうです。
ただし1,000件、2,000件もの求人情報を目の当たりにしても、その求人情報が正しいのか正しくないのか、どれだけの求人が自分の希望と合致しているのか、いないのかを判定する事はそんなに簡単ではありません。

なぜなら医師は医療のプロですが、医療機関(転職先)の良しあしを見抜くプロではないからです。
「一体どんな転職先を選べばいいのだろうか?」と悩む医師のために、代表的な3つの転職先探しの方法についてチェックしてみましょう。

ハローワークの情報を参考にする

求人情報を収集するためにまず参考にするのが、ハローワーク。
求人施設と求職者が無料で使える公的なサービスで、認知度はかなり高いため便利に使えそう思えます。
ただ実際にハローワークのインターネットサイトを閲覧すると、医師の求人情報は少ない傾向です。

また、医師の求人が見つかったところで都内の病院の求人数が少ないため、比較検討は困難。
地域医療に貢献したい場合、納得できる転職先探しは更に難しそうです。
その場合は公的なネットワークで求人を探してみるのもいいでしょう。
参照:https://www.jmha.or.jp/

 



友人や知人からの紹介・口コミ

友人や知人からの紹介や口コミで転職先を探すのはどうでしょうか?
情報収集先としてはなかなか良いようにも思えます。

ところがこの方法、意外な所に落とし穴があるのです。
知人や友人から紹介された転職先は「何だか変だな」と思っても、どうしても友人や知人であるという関係性から断りきれずに転職してしまい後悔することがあります。

友人や知人から情報収集するのは良い方法ですが、違和感を覚えたらスッパリと断る勇気が必要です。

医師専門の転職サイトを使う

最近は、医師専門の転職サイトを利用する方が増えています。
その理由は何でしょうか? 大量の求人情報が毎日寄せられるため、情報収集を目的として利用することができます。

そして専任のコンサルタントがつき、多くの医師の求人情報から一人一人に合った転職先を紹介してくれるのも大きな魅力。

転職を成功させるために、コンサルタントが親身になってアドバイスし、転職サイトでは一切公表しない非公開求人(優良求人)情報も教えてくれるので、年収アップ、スキルアップのための転職が実現できます。

本当に納得できる転職をめざすなら、医師専門の転職サイトや医師転職コンサルタントの利用をお勧めします。

画像出典元:https://www.dr-10.com/