1. 転職に不可欠な履歴書と面接はどう対策する?

転職に不可欠な履歴書と面接はどう対策する?

医師は医療のプロではあるのですが、転職先探しや病院側との給与交渉、面接のマナーなど転職に関してはほとんど知識がないのが実状です。
大事な書類を書かなければならないのに、紺色や茶色など色つきのペンを使用したり、間違った箇所を修正ペンで直してそのまま提出したりと、少し浮世離れした方もいらっしゃいます。

実際に転職するとなると、医師のスキルやキャリアもじっくりチェックされますが、一般常識を身につけた人物かどうかもちゃんと判定されています。

転職を成功させたいなら、第三者の厳しい目で書類やマナーをチェックしてくれる人を見つけておくと良いでしょう。

履歴書を軽く見るべからず

「履歴書なんか一体何年前に書いたかな?」初めて転職する医師なら、おそらくそんな気持ちになると思います。
ただ医師の転職には必須の書類ですので、意味の良く分からない記述、一般常識に欠けた内容、汚れのついた書類、コピーした履歴書では不採用になってしまう可能性大。
履歴書は一度下書きして、その下書きを丁寧に清書して提出するくらいの慎重さが必要です。

面接のマナーも重要

面接は履歴書でチェックできない医師の人柄やコミュニケーション力、意欲、スキルなどをチェックするため、病院側にとって重要な場になります。
病院側としては意欲があり優秀な医師を採用したいわけですから、細かい受け答えもしっかりチェックされていると考えた方が無難です。

面接では就業条件なども話し合われます。
医師としては少しでも高い給与が得られ、多くの休日が欲しいと考えるのは当然ですが、あまりに条件面に注文をつけると(押し付ける物言いになると)不採用になってしまう事も。
第三者に間に入ってもらい、給与交渉や条件交渉をお願いした方がスムーズに進みます。

医師の転職の味方・転職サイトを上手に使う

医師の転職を強力にバックアップするのが、医師専門の転職支援サイト。
転職サイトに登録すると専任のコンサルタントがつき、医師の条件やキャリアに応じた最適な転職先を紹介。

転職先紹介だけではなく、履歴書のチェックや面接時のマナー指導、面接官に好感をもってもらえる受け答えの方法、当日の服装チェックまでお願いできます。
また給与交渉や条件交渉もコンサルタントに一任すれば問題なし。

「年収は900万円ではなく、950万円でお願いしたい」と告げれば、コンサルタントが個別交渉。
医師が直接病院側と交渉しなくて済むので、精神的にとても楽です。

医師が転職を成功させたいなら、医師専門の転職支援サイトを使うのが一番の近道と言えるでしょう。