1. 都市部に多い医師求人も倍率はかなり高い

都市部に多い医師求人も倍率はかなり高い

地方の大学を卒業した医師が、医局を出て都市部の病院へ転職するケースがあります。
これはなぜでしょうか? 実は東京都などの都市部は病院の数が非常に多く、即戦力となる医師を常に求めています。
求人数が多いため転職しやすいのはもちろん、患者数や手術の回数も多く様々な勉強ができる、先輩医師からの指導も受けられ成長できる事などが人気の秘密です。

人口密集地である都市はたくさんの病院があり専門科目が細分化されているため、医師に最適な診療科目が選べるのも魅力ですし、高給与職場も地方の病院に比べると見つけやすくなっています。
その代わり、人気のある病院は倍率も高い傾向があり、必ずしも希望する病院へ転職できるわけではありません。
ここでは、都市の病院のメリットとデメリットをまとめました。

医師が都市部に転職するメリット

人口が集中している首都圏など大都市部には多くの病院があり、その規模も大きくなる傾向にあります。
また日本の医療を牽引する名医と呼ばれる病院や有名病院も多数開院しており、医師としてのスキルアップやステップアップには最適なエリアとなっています。

求人数も地方より多いため、医師の数も多く、東京都内だけでも医師の数は約4万1千人と全国で堂々の第1位。

東京都内にある病院数・クリニック数も、共に全国で1位となっており東京都は医療面がかなり充実しています。
病院やクリニック数が多いと言う事実はそれだけ就職・転職しやすい事に繋がります。
医師にとっては仕事がしやすいエリアと言えますね。
医師として腕を磨きたい方にとっては、都市の病院はかなり魅力があるのです。

 

医師が都市部に転職するデメリット

病院やクリニック数の多い都市は、医師が就職・転職するには都合の良いエリアですがデメリットもあります。
医師の数が多いため、人気病院に転職・就職希望者が殺到し思うような病院へ入職出来ない状況となっています。

いつまでも入職希望の病院へこだわっていると、医師として仕事が出来ないまま時間を食いつぶす事に。
すぐに転職する気がなくても、医師転職ドットコム(https://www.dr-10.com/)などの医師求人サイトを日ごろから見るようにして、医師転職市場の動向をチェックしておいたほうがいいでしょう。

また東京都の医師の平均年収は約900万円ですが、地方の医師の方が年収が高いケースも見られ「医師不足」に喘ぐ地方の方が高収入になる事も。
都市部は家賃や食費などの生活にかかる費用が全体的に高く、広い家に住めない、子育てがしにくいと感じる医師もします。
そのため地方出身の医師は、ある程度のスキルを身につけると地元に戻っていくケースもみられます。